2012中欧の旅 番外編~ここで死ぬのかと思いました~

午前1時半。
突然、館内全域にけたたましく鳴るサイレン。
ドアを開けると、ふさがないと耳が壊れそうなくらいの音。

ホテル火災だ!逃げなきゃ!って思うけど、
パニックになりすぎて何が何だかわからない行動に出る。

とりあえずパスポートとお財布だけ持ってロビーに行きたいけど、
どこから火が出ているのかわからず、どちらに逃げたらいいのかわからない。
廊下には誰もいないし、既に私だけ逃げ遅れたのかもしれない。

ものすごく怖くて、何で一人で来ちゃったんだろうと後悔し、
まだ死にたくないよー!と半泣き。頭には家族の顔が浮かぶ。

とりあえず廊下に出て耳をふさぎながら階段を探す。
普段はエレベーターだし、パニックになってるから非常口の看板も見つけられない。

他の部屋から飛び出してきた人を見つけ、一緒に階段へ。
必死で、いつもの3倍のスピードで4階から1階へ降りると、
パジャマやバスローブ姿の宿泊客と、ホテルの従業員に消防士。


・・・・誤作動ですって。


こ、こ、こ、こ、こ、怖かったよーーーーーーー泣き顔泣き顔泣き顔泣き顔
ほんっとーーーーーーーに怖かった!!人生最大に、もう死んだと思った。

誤作動だと聞き、ホッとするみんな。
握手する人や、放心状態の人、腰を抜かしたおじいちゃん。
カードキーを持たずに飛び出し、再発行してもらう人たちの列。


今回の一人旅。
今のところ楽しいことばかりだけど、これが本当の火事だったらと思うとゾッとする。
何もかも問題なく旅行が進んでいて、ちょっといい気になっている私への警鐘なのかも。
すこし緩んだ気持ちを引き締めねば。イヤ、もう超絶引き締まったが。

旅も残り2日。
十分に気をつけて、そして思い切り楽しんで帰ろう。

目が覚めちゃった。ふぅぅ・・・。

2012中欧の旅

0 Comments

Leave a comment