パリからボンジュール☆'09冬 その1

現在の時刻23:00

無事にアパートに到着しました。

機内では例によって離陸前に恐怖症であることをCAさんに切実に訴え、
「何かありましたらいつでも呼んでください」と言ってもらえて一安心。
今回もどんなにか怖いだろうと思っていたんだけど…。
意外や意外、全然怖くなかったよexclamation ×2
通算15回目のフライトにして初めて泣かなかった目がハート
3人掛けの真中だったので、トイレに立ちにくかったことと、
空気がすごく乾燥していてぬれタオルを口と鼻に当てていないと
粘膜がカピカピになって苦しかったことが不快だったけど、
それ以外は全く問題なかったよ。ウレシーイ目がハート

当然機内食もペロリレストラン
フォト フォト
   Befor                          After

フォト フォト
   Befor                          After

パリまであと少し…の表示にワクワク揺れるハート
フォト

お空も撮影カメラ
フォト フォト

とにかく超安定した飛行で、初めて安心して最後まで乗れたカンジ。
ありがとう機長exclamation ×2、ありがとう、CAさんexclamation ×2


あっかんべーCDG→パリのバスが渋滞に巻き込まれ若干予定が狂ったものの、
   車中では札幌から成田経由で同じ便を利用した女性とおしゃべりして楽しかったです。
  帰りの便も偶然一緒ということで…また会えるのが楽しみ。
げっそりその後地下鉄をちょっとドキドキしながら利用(既に21時を過ぎていたので)。
  車内で突然ヴァイオリンを弾きだし小銭を集める2人組が出現!
  目の前に帽子(小銭の入った)を差し出されたけど無視、無視手(パー)
目がハート日本のように各駅エスカレーターやエレベーターが完備されていないので、
  重たいスーツケースを持ちながらヨロヨロ階段を登っていたら、
  親切なお兄さん(イケメン)が一緒に持ってくれましたハート
目がハート改札でそのスーツケースがドアに挟まれてしまい、身動きが取れなくなった時も、
  別の親切なお兄さん(イケメン)が力ずくで引き出してくれました指でOK
わーい(嬉しい顔)アパート最寄り駅で下車した日本人の女の子に声をかけられました。
  フランスの田舎に住んでいる彼女は、家族がパリに遊びに来て一緒にホテルにいると。
  そのホテルがすぐ近くだったので、アパートを一緒に探してくれました。
  偶然彼女も明日ストラスブールに行くというので…何かあったら助けてもらえそうです手(チョキ)
ふらふらアパート到着後、近所のお店に早速お買いものに行ったんですが…。
  レジのお兄さん、バーコードと価格を一致させる作業を最優先していて、
  買い物の私なんてまるで無視涙
  缶詰バーコードで読み取り、缶詰コーナーにいるお兄さんに価格を聞き、レジに入力。
  この作業を延々と繰り返していて…。レジ前で5分以上待たされましたバッド(下向き矢印)
目がハートアパートはちょっと冷えるけど、使い勝手が良くて快適ですムード
フォト

フォト フォト



さて、明日は6時には家を出ないといけませんので、寝ます。
ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル、楽しみだな~クリスマスぴかぴか(新しい)
(丸の内ではありませんから~ウッシッシ

2009パリ旅行 2009パリ映画の旅

0 Comments

Leave a comment