スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012中欧の旅 ウィーン1日目

今日は1日中、ウィーンの街を駆け回ったよ。
テーマは「音楽家ゆかりの地めぐり」。

7:30 朝食
しっかりたべて、パワーをつける。クラシックな雰囲気が素敵でしょう?
朝食 


8:00 シュテファン寺院
モーツァルトの結婚式とお葬式が行われた場所。ホテルからすぐなので、寄ってみました。
朝早かったので観光客はほとんどおらず、とても静か。
朝の光がキラキラと光って、本当にキレイ。
シュテファン 

ウーン、今日も快晴!行ってきます!!
DSC06868.jpg 


9:00 中央墓地
ウィーン中心部からはトラムに乗って30分ほど。
敷地が広大すぎて道がわからず、入り口付近で地図とにらめっこしていたら、
「ベートーベンに行きたいならついてらっしゃい!」みたいなかんじで案内してくれたのは、
とてもかわいくて頼もしいこちらのおばあちゃん。
墓案内 


すたすたと歩きながら何度も振り返ってくれ、お墓の前で「バーイ」と去っていきました。
言葉はあまり通じなかったけど、心は通じたよ。ありがとう、おばあちゃん!


「音楽家たちはこちらよ」の案内通り、この一角には著名な音楽家がたくさん眠っています。
DSC06888.jpg 

ベートーヴェンとシューベルト
ベートーヴェンとシューベルト 


ヨハンシュトラウス(父)と(子)
ヨハンシュトラウス父子 

ブラームスとグルック
ブラームスとグルック 


「この下に眠ってるんだよ!」だよね?まいちき指でOK


10:00 ザンストマルクス墓地
中央墓地と違って、こちらは誰もいない。住宅街にある、ひっそりとした墓地。
DSC06904.jpg 

中心地あたりに、モーツァルトのお墓がありました。
DSC06906.jpg
 
DSC06907.jpg 


ベンチに座ってしばしのんびり。モーツァルトに思いを馳せます。
DSC06909_201607310655569d5.jpg 



10:30 トラムを乗り継いで、ウィーン郊外のハイリゲンシュタット向かう。
郊外から中心部、そしてまた郊外へと、少しずつ変わっていく街の景色を眺めながら。
DSC06911.jpg 



11:15 ベートーヴェンの散歩道
ここで交響曲『田園』の着想を得たそう。曲を口ずさみながらお散歩。
DSC06923.jpg 

「ここで生まれたんだよ!」だよね?まいちき指でOK


11:30 散歩道の近くにある「遺書の家」
聴力を失いかけ絶望したベートーヴェンが、遺書を記した家。
以前関連の本で資料として見た遺書が目の前に。
DSC06941.jpg 

DSC06937.jpg



12:30 昼食
ベートーヴェンが第九の構想を練った部屋のあるレストラン。
お昼を食べるつもりだったけど、夕方からの営業でした。リサーチ不足!
DSC06932.jpg 


ということで、近くにあった別のレストランへ。
ハラペコだったし、ドイツ語(筆記体)のメニューしかなかったので、
何でもいいやと思ってランチセットの1番を注文。

…しかし待てよ。よーくよーく見ると、1番には「ウィンナ・シュニッツェル」の文字。
すいませーーーん、アタシ、コレ昨日食べましたーーーー!!
慌ててチェンジを希望するも、時すでに遅しふらふら
またしても出てきた、でっかいカツレツ(泣)…と、クレープの入ったスープ。
DSC06944.jpg 

DSC06942.jpg 

「イエ、あたくし、ウィーン中のウィンナ・シュニッツェルを食べ比べているんですのよ。」
と開き直って食べました(笑)こちらのお店のほうが塩味の加減が好みだったなぁ。
負け惜しみじゃないわよ!!


13:30 ウィーン中心部へ戻る
オペラ座。パリのオペラ座ほうが素敵に見えるのは気のせい?
DSC06949.jpg 


14:00 ザッハーでザッハトルテ
チョコはちょっと甘みが強かったけれど、中のアプリコットジャムがおいしーい。
ザッハー 

DSC06979.jpg 


14:30 シュテファン寺院に戻り、塔に登ってウィーンの街を見下ろす。
…はずが、足元が金網で下が見え、怖すぎる上にたいして景色も美しく感じず、
そそくさと退散あせあせ(飛び散る汗)上で、滞在時間およそ2分(笑)
DSC06986.jpg 


15:00 モーツァルトハウス
彼が最も裕福で華やかな時代を過ごしたウィーンの家。
くるくる回るモーツァルトの生首君に、恋目がハート(笑)
モーツァルトハウス 


ウィーンでは、クマもアヒルもモーツァルト。
DSC07005.jpg 

DSC07008.jpg 



16:15 シューベルトの生家
見たかったのは、シューベールトが愛用していたメガネ。
肖像画でよく見る、あの小さなメガネがすぐそこに。あぁ、もう表現できない感激!
DSC07036.jpg 

DSC07020.jpg 



シューベルトの家の帰りに、ドナウ運河に。本流も見たいなぁ…。
DSC07010.jpg 


17:30 ウィーン市立公園でひと休み
本日はご覧の通り、ものすごいスピードであちこち駆け回り、疲労困憊。
公園に着くころには頭がボーっとして、水も飲めない状態に。
涼しい木陰でしばらく休んで、ヘロヘロになりながらホテルに戻る。


19:00 
ホテルで1時間ほど横になり、夕飯のことを考えた時に、パッと浮かんだのは…。

そう!私はお米が食べたいのよ!!!味噌汁が飲みたいのよーぅ!!!!!
和食への欲求が私を突き動かし、歩いて8分ほどのところにある日本料理屋さんへ。
頼んだものは、白米、赤だし、お漬物、ほうれん草のおひたしに茶碗蒸し。ザ・和食。
DSC07042.jpg 

DSC07043.jpg 


赤だしを一口含んだ時のあの感覚と言ったら!
かつおのダシや味噌やお醤油が血液となって全身を駆け巡るかんじ!!
身体の全細胞が歓喜の叫びをあげていたわ。
イエス、アイアムジャーパニーーーーズ!!!!と。

白米をお代わりし、お茶漬けにしてフィニッシュ。
大将に「生き返りました」と涙ながらに(大げさ)伝え、お店を出ました。

帰り道は足も軽やか、心もスッキリ!
やっぱり食べ物って、すごく大事なんだなぁ、としみじみ。


20:30 本日これにて閉店
あーーー、疲れた!でも楽しかった!!明日も頑張るぞーーー!!



おまけ。
市内のあちこちに立っている音楽家の像とツーショット。

ベートーヴェン広場
DSC06915.jpg 


市立公園のシュトラウス
DSC07039_201607310722561d4.jpg 


王宮庭園のモーッアルト。頭切れてる。
DSC06961.jpg 


同じくゲーテ。これが一番すき揺れるハート
DSC06963.jpg 

2012中欧の旅

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。