2012中欧の旅 クラクフ

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に行って来ました。

「働けば自由になれる」のスローガン
DSC06538.jpg


有刺鉄線。当時は電流が。
DSC06539.jpg


整然と立ち並ぶ囚人棟。
DSC06543.jpg


死の壁。ここで銃殺。
DSC06578.jpg

列車引込み線と、くぐったら二度と戻れないゲート。
DSC06595.jpg



証拠隠滅のためナチスによって爆破されたガス室。

DSC06605.jpg

DSC06606.jpg


現存するガス室の内部も見学しました。
DSC06585.jpg




ベッド。ひしめきあっていました。
DSC06611.jpg

DSC06618.jpg



穴が空いているだけのトイレ。
DSC06615.jpg




当時の資料や写真もたくさん。収容された人々の顔写真も並べられていました。
切り取られた髪の毛やおびただしい数のの靴やかばん、めがねなどの所持品も。
DSC06558.jpg

DSC06557.jpg

DSC06556.jpg



唯一の公式日本人ガイドである中谷剛さんに事前に連絡を取り、アテンドしてもらいました。
同じように連絡を取った15名ほどの日本人旅行者のみなさんとグループで見学。

私はここを舞台にした映画をとてもよく観ていて、とても興味があり、
いつか絶対にこの眼で見るんだと思っていたのだけれど…。

結論としては、本当に行って良かった。そして、ガイドをお願いして本当に良かった。
中谷さんのお話は、単なる収容所そのものの説明ではありませんでした。
・ユダヤ人が収容されるに至った過程とその方法
・囚人を敢えて差別化し、連帯意識を削いで団結力を弱め抵抗させない
  例えば…全員坊主が原則だが、あえてそれを免れる人を作る 
        囚人にマークをつけて識別し、違う仕事や食事を与える など。
・囚人の1日の様子
・ドイツ人が残虐なことを平気でやってのけられた理由やからくり


…などなど、それはガイドブックには載っていない事、見学しただけでは知りえなかったこと、
そして、ヨーロッパ文化が好きで、足を運んでいる私が知らねばならないことだと感じました。

中でも、とくに胸に突き刺さったのは、ドイツ人を含むほとんどのヨーロッパ人が、
このユダヤ人虐殺に無関心(見てみぬふり)だったという話。
一部のナチス幹部と、ユダヤ人が当事者で、あとは傍観者だったということ。
怖くて手を差し伸べられなかった人も居れば、完全無視の人もいただろうし。

私はそのことを、最近ニュースになっていた中学生のいじめ自殺の件と重ね合わせ、
このようなことは、大なり小なり、どこにでも、誰にでも起こりうるのだと思いました。

観光というようりは社会科見学、大学の特別講義のような時間でした。
他にも思ったこと、学んだことはたくさんあるのだけど、授業みたいになるのでこの辺で。
みなさん、見学の際は、絶対に中谷さんのガイドをつけることをオススメします。


一緒に見学をした日本人の中に、世界一周旅行中の子が。
今3ヶ月目で、昨日アジアからヨーロッパに入ったと。
だいたい1000円以下の(安い国では100円!)宿を探し、最低限の荷物で周っていると。
オランダのトマト祭りや、リオのカーニバルは時期を合わせて訪れるんだそう。
超絶ステキ!私も行きたい!やりたい!お金を貯めて、いつか絶対行くわ!!
なるべく若いうちに。たくさん歩けるうちに。


夕方からは再びクラクフの旧市街見学。
クラクフ

DSC06640.jpg




大道芸人。
大道芸人



ステキなカフェで腹ごしらえ。
DSC06626.jpg



DSC06631.jpg

DSC06635.jpg



ただいま午後9時前。10時の夜行でプラハに向かいます。
アウシュビッツ見学した中の一人が、同じ列車に一人で乗るそう。
中年のオジサマだから同じ部屋にはならないけど、ちょっと心強い。

明日の朝にはプラハ。何とか無事に到着しますように!
では、またね!

2012中欧の旅

0 Comments

Leave a comment