パリへの道 その11~パリの恋人~

今回初のアメリカ映画。でも舞台はパリ。
オードリーヘップバーン、可愛すぎる~目がハート

『パリの恋人』
フォト
1957年 アメリカ
監督:スタンリー・ドーネン
出演:オードリー・ヘプバーン 、フレッド アステア
小さな本屋で働くジョー(オードリー)は、ひょんな事からファッション雑誌のモデルを依頼される。撮影はパリ。そこでカメラマンのディックと恋に落ちて…、というミュージカル映画。


撮影のためにパリへ向かうジョー。間もなく到着!という時に窓から見たパリの景色。
        フォト 
フォト フォト 
フォト フォト
私は窓からの景色見るのが怖いので、眺められないけど…。
でも着陸はそんなに苦手ではないので、頑張ってできるだけ覗いてみますexclamation ×2

パリの名所のカットもいっぱい出てきました。
フォト フォト
フォト フォト

ミュージカル映画なので、これらをバックに歌う歌う、踊る踊る。
曲の題名は「ボンジュール・パリ」
「パリを見ずして死んじゃダメ」みたいな歌詞があって。なんてタイムリーなの!!
とっても励まされましたハート
その歌の最後はエッフェル塔の展望回廊で「ボンジュール!(決めポーズ)」
コレ、やってきます(笑)。
フォト


それからそれから。
モデルになったジョーがあちこちの名所で撮影する、ってシーンもありました。
フォト フォト
ルーブルとオペラ座です。

そしてそして!!!何とも驚いたのがコレ!!!!!
フォト
さっきと同じ、モデルとしての撮影シーンなんだけど。
この風船!!!!!!!!!!
昨日紹介した『赤い風船』にインスパイアされてる!!
『赤い風船』は1956年制作。
『パリの恋人』は1957年制作。
絶対間違いない!!!

こういう発見がスキなの~ハート達(複数ハート) ヤッター!!って気持ちになる。
思わず「アアッ!!」て叫んじゃった。

今日はいいセレクトだったわー。とってもタイムリーでしたぴかぴか(新しい)

2008パリ旅行 2008パリ映画の旅

0 Comments

Leave a comment