スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリへの道 その10~赤い風船~

なんだか、わくわくしてきた。
この映画に背中を押されたって感じ。

『赤い風船』
フォト
1956年 フランス
監督:アルベール・ラモリス
出演:パスカル・ラモリス

1956年のカンヌパルムドール作品。
33分の短篇映画。
現在公開中なので内容は割愛。

今日は所用で東京に日帰りで行ってきた。
東京に行ったら必ずすること、それは「映画を1本以上観て帰ってくる」こと。
もちろん地元でやってないヤツ、やりそうもないヤツ。

今回は「もう絶対コレ観るexclamation ×2」って決めて行った作品。その存在は知っていたけど、
DVD出てないから鑑賞できず、長らく恋焦がれていた作品です。

用事が長引いて最終上映になってしまった。それを観たら新幹線も最終。

でも…。
観てヨカッタexclamation ×2
本当に、もう言葉が出ないほど美しかった。
詩を読んでいるような、絵本を読んでいるような、写真を見ているような。
上映終了後、余韻に浸ってしまってしばらく動けなかった。
多分今年のNO1作品ぴかぴか(新しい)
私の人生の中でも上位にランキングされること間違いなしです。
本当に、ため息が出るほどよかったです。

突然パリに行きたいと思ったこの夏。
パリを舞台にした珠玉の名作が50年の時を経て上映されたこの夏。


偶然なんだろうけど、とっても背中を押されました。

2008パリ旅行 2008パリ映画の旅

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。