パリへの道 その9~ANNA~

ゴダール作品とはまた一味違ったアンナ・カリーナの可愛さに出会える作品。
とりわけ行きたいところはないんだけど(どこなのかよくわからなかった)、
カラフルな色使いやファッションがとってもキュートでポップ。


1966年 フランス
監督:ピエール・コラルニック
出演:アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・ブリアリ 、セルジュ・ゲンズブール
広告会社を経営する青年セルジュ。ある日、彼は写真に偶然写っていた美女に一目惚れ。彼は彼女を見つけ出そうとパリ中を探し回るが、実は彼女はセルジュの会社で働いている社員だった(普段はすごいメガネをかけていて気付かず)、というお話。

カラフルなファッション。
フォト フォト

モード・アート系満載。
フォト フォト
フォト フォト


アンナは何故かいつもレインコート。でもこれもとてもキュートハート
フォト フォト

アンナのお部屋。ウーン、これもフレンチ・ポップるんるん
フォト フォト
フォト

このころ日本は昭和40年。セピアな色でしか時代を想像できない。
全然違うなーたらーっ(汗)



2008パリ旅行 2008パリ映画の旅

0 Comments

Leave a comment