パリへの道 その2 ~女は女である~

今日は『女は女である』から行きたいところを探してみます。

『女は女である』
フォトフォト
1961年フランス=イタリア
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンド、ジャン=クロード・ブリアリ
「24時間以内に子供を作りたい!」エミールと同棲中のアンジェラは子供が欲しい。
しかし、エミールは乗り気ではなく、二人は冷戦状態に。
そこに、以前からアンジェラに気があるアルフレッドも加わり、妊娠騒動が繰り広げられる。
新鮮さと斬新さに満ちたゴダールによるミュージカル・コメディへのオマージュ。


言わずと知れたヌーヴェルヴァーグの旗手、ゴダール監督。
ゴダール×アンナの作品中でも、アンナカリーナの可愛らしさは随一ですハート


映画の始まり。真っ赤な傘を差したアンジェラが立ち寄るカフェ「ル・ナポレオン」。
現在は黄色ではなく赤い看板になっているみたい。
ここでは「カフェ・クレーム」を注文し、店を出るときはもちろんウインクぴかぴか(新しい)
フォト

そのあと立ち寄る本屋さん。これはどこにあるかわからないんだけど。
このシーンの雑誌の表紙には何と目!昨日紹介した「ザジ」が。    ↓↓↓↓↓
フォト フォト


本屋を出てからアルフレッドとバッタリ出会うのが「サン・ドニ門」の辺り。
フォト

そしてそしてexclamation ×2この映画を辿るなら避けては通れないこのポーズexclamation ×2
フォト フォト
フォト フォト
どこか街の片隅でやらなければexclamation ×2
でも一人旅の予定だし、どうしようあせあせ(飛び散る汗)誰かにシャッター押してもらうのかしらたらーっ(汗)

最後はアンジェラの住むアパート。
私はコレを見て、「ホテルよりアパートだ!」って思いました。
フォト
フォト
フォト

何度観てもアンナ・カリーナにうっとりハート達(複数ハート)
パリの空気を吸えば、少しは彼女に近づけるかしらexclamation & question

2008パリ旅行 2008パリ映画の旅

0 Comments

Leave a comment