FC2ブログ

つぎはぎ世界一周

ARTICLE PAGE

2018北インド旅行 アーグラ2日目~前編~

インド
  • comment0
  • trackback-
さぁ、いよいよ今日はこの旅のハイライト。タージ・マハル見学です。


5:30 日の出前に出発
P8081300.jpg 


徒歩3分でチケットセンター到着。お客さんは誰もいない。
P8081302.jpg 



厳重なセキュリティチェック。
P8081303.jpg 



バッグの中も、手を入れてしっかり確認します。
P8081305.jpg 




あそこがメインゲートかー。ドキドキ、ワクワク。
P8081304.jpg 



P8081306.jpg あの団体さんのところまで行くと見えるかな?






見えたー!メインゲート!!
P8081308.jpg




正面から!!
P8081312.jpg 





そしてそのままゲートに向かって真っ直ぐ進むと…。









わーん!ついに正面からのお顔、拝見
P8081322.jpg 




 
ドーン!
P8081325.jpg  





ドドーン!!

P8081326.jpg 




ドドドーーン!!!
P8081337.jpg 


ついに、ついに来ることができました、憧れだったタージ・マハル

はぁーーーー、ため息が出るほど美しい
水路の青、木々の緑、レンガ道の赤、大理石の柔らかな白、広がる青空(今日は曇りだけど)の対比と融合。そして計算し尽くされた、それら全ての完璧なシンメトリーな配置。どっからどう見ても、世界最高傑作。
P8081366.jpg





私の「ずっと眺めていられるほど美しい建造物ランキング」。
この10年、不動の1位はパリのオペラ座だったんだけど、ついにその座を奪われる日が。

というわけで、暫定ランキング発表

1位 インド  アーグラ タージ・マハル
2位 フランス パリ   オペラ座
3位 スペイン グラナダ アルハンブラ宮殿

あ、ちなみにエッフェル塔は殿堂入りしてますので、順位外です





そんなわけで、この場所で約2時間、タージ・マハルをただただ眺めて過ごし…。


ヨガポーズなんぞでパチリ
P8081407.jpg 


この写真を撮ってくれた家族連れのインド人男性が、自分のCanon砲でも撮ってくれて、後日emailで送ってくれるとのこと。さすが一眼、Canon砲。すごく綺麗に撮れていたので、メールが届くのが楽しみです



7:30 さて、ようやく中に入ります。
P8081418.jpg 




大理石の細工がとってもビューティフル
P8081421.jpg 




靴の上から不織布製のカバーをして、大理石が汚れないようにします。
P8081420.jpg 






左右にも1棟ずつ、シンメトリーなモスク。あの時代にどうやって建てるんだろうなぁ、こんな計算され尽くされた建物を。
P8081424.jpg 

P8081426.jpg 






8:00 そろそろ帰って、チチェックアウトの準備をしなくては。

タージ・マハルは満月の日前後に夜の特別拝観をしています。その時に合わせて、絶対にまた来よう。その時まで待っててねー。




名残惜しくて何度も振り返る。
遠距離恋愛中の彼を見送る駅の改札のように、何度も、何度も。
P8081430.jpg 




何度も、何度も…。
P8081433.jpg 




さて、この後は11時にナカムラさんと待ち合わせ。 どんなアーグラ観光になるのでしょうかー??

Comments 0

Leave a reply