北京からニーハオ☆その4~波乱に満ちた最終日~

北京一人旅ラスト4時間半。
スリル200%げっそり超怖かったげっそりげっそりでも超楽しかった目がハート

7時起床。トイレビショビショシャワーもこれが最後。思う存分ビショビショに波

8時。荷造りをしてホテルをチェックアウト。荷物は12時半まで預かってもらうことに。

北京旅行の最後の訪問地に選んだのは、盧溝橋。
日中戦争の発端となった、盧溝橋事件の起こった場所です。
マルコポーロが『東方見聞録』で「世界一美しい橋」と大絶賛しているそう。
市街地からはタクシーで1時間弱。運転手さんとバトるかもしれないけど、頑張ってみよう手(グー)

ホテルの前の道路でタクシーをつかまえ、「盧溝橋に行って」とガイド本を見せると…。
突然怒り出す運転手。なんか知らんけど激しい身振り手振りでわめいている。
「盧溝橋に行きたいのか!お前、日本人だな!!
 あの場所で、お前たちが何をしたかわかって言っているのか!!
 それでも行きたいのか!あ?!行きたいのか!!!」
・・・絶対そんなこと言ってないんだけど(時計とか指さしてたし)、
そう言っているように聞こえて、死ぬほど怖い。
もういいよ、アタシ行かない、降りるね、ゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)・・・すぐさま下車。

年配の方(若者も?)の中には当然反日感情をもっている人もいるだろうし。
盧溝橋は有名な観光地なんだけれど、併設されている日中戦争の資料館は、
それはそれは残虐な日本軍の記録も残っているようで。
運転手の剣幕にちょっと怖気づきながら、それでも行ってみたくて一旦ホテルに戻る。

ホテルの受付で、どうやって行くのがいいのか聞いてみると、
地下鉄に乗って10駅目のところでタクシーに乗るといいよ、と。

8時半。気を取り直して、地下鉄に乗車。
郊外に向かって10駅か~結構遠いなぁ。寂れてるのかなぁ。
駅がボロボロだったらどうしよう、怖そうな人がいっぱいいたらどうしよう…。
いろいろ考えたらますます怖くなってきて、盧溝橋は諦めモード。
でも折角地下鉄に乗ったので「万寿路」という、縁起の良さそうな駅で降りてみることに。
フォト フォト

今日も黄砂が激しくて、視界は真っ黄色。
でも、中心部から少し離れた北京を見てみたくて、散策開始。

まずはスーパーを発見。黄砂対策でマスクを購入。
・・・ヒモ、長すぎじゃね?しかもゴムじゃないし。
どうやってつけるか分からず、とりあえずハチマキのようにくくりつけてみる。
フォト

その近くにパン屋さんがあって(トレーに乗せて買うタイプの)、
ウインナーにマヨネーズソースのかかった、日本でもよく見かけるパンを購入。

路地を入ると団地があって、中庭で居住者らしき人たちが太極拳をしていました。
人々の生活なので写真を撮るのはよくないんだけど、後姿1枚だけ許してがまん顔
フォト


万寿路界隈のお散歩終了。時刻は9時半。さて、どうしよう・・・。
再び地下鉄の駅に行き、先へ進むか市街地に戻るか考える。
よく考えると、この路線は天安門大通りを東西に走る主要路線。
10駅離れたところでそんなに寂れていないのでは?行くだけ行ってみよう!!
盧溝橋に行くかどうかは、駅に着いてから考えよう。

駅につくと、先ほどの駅とさして変わらぬ様子。タクシーもたくさん停まってる。
でもなー。行くだけ行って、帰ってこられないと悲惨なんだよね。
観光地だから心配ないと思うけど、帰りのタクシーが無かったら困るよなぁ。
あれこれ思案を巡らし、英語の話せそうな若い人に話しかけてみる。
「盧溝橋まで往復で連れてって。」って運転手さんに伝えてもらおうと思って。
でも、「英語話せますか?」の質問に「うーん、ゴメーンがまん顔」って行ってしまう人ばかり。
折角ここまできたのに・・・どうしよどうしようどうしようどうしようどうしよう。
プチッ(←思慮袋の緒が切れた音)
もうやけくそ!何とかなる!!ここまできたんだ、行ってしまえー車(セダン)

駅前に停車しているタクシーに乗り、ガイド本を見せると、ニコッと笑ってくれた運転手さん。
くっきり二重でまつ毛の長い、超イケメンお兄さんハートこの人なら、きっと大丈夫exclamation ×2

・・・と思ったのも束の間。出発すると、どんどん風景が寂れていく。
なんか荒廃したカンジの場所を、ブンブン走らせるイケメン運転手。
げぇぇぇ!道が合ってるのか間違ってるのかもわからないし、恐怖のあまり言葉が出ない。
もう引き返した方がいい気がする!だけどイケメンはノリノリで運転。
こわいよこわいよこわいよこわいよ~!!!!げっそり
5分くらい硬直していると、車はバイパスのような道へ。
おぉ!この道、地図で見た!!イケメン君、合ってるよ!!
私を盧溝橋に連れて行ってくれるんだね。ありがとう、ありがとう(号泣)

そこから10分ほどで盧溝橋に到着。だがしかし!!!
観光地のくせに全く人の気配がない。帰りのタクシーなぞどこにもいない。
やばいやばいやばいやばい。
「アタシ、今から降りるけど、写真撮ってすぐ帰ってくるから、お願い、待ってて!!
 必ず帰ってくるから。私をさっきの駅まで連れて帰って!!!」
という内容を、誠心誠意真心を込めて、魂のジェスチャー。
最初は??な顔をしていたイケメン君も、私のジェスチャーの真似をしながら「再来?」と。
そう!それ!!!ツァイライ、ツァイライ!!!
ニコッと笑って指でOKってしてくれたイケメン君。その時、別の空車タクシーもそこに停車。
万が一イケメン君が私を裏切っても、これなら大丈夫・・・だと思う(弱気)。

とにかく早く戻って来ねばと思い、猛ダッシュで橋に向かう。
すると後ろからオバチャンに呼び止められる。あ、チケット必要なのねたらーっ(汗)
猛ダッシュで入場門も駆け抜けてしまいました。

盧溝橋。マルコポーロが大絶賛した橋。
両脇に彫られた狛犬は、全部表情が違うそう。
月見の名所で、中秋の名月には多くの人が観月に訪れるそう。
そして、日中戦争の引き金になった悲しい場所。
・・・って、感慨にふける心の余裕はほとんどなく、写真撮影。
フォト



橋の手前には大砲の模型も。
フォト フォト

日中戦争資料館はお休みでした。開いててもこの状況では見学できなかったけどね。

道に戻ると、イケメンタクシーはちゃんと私の帰りを待っていてくれました。
「写真撮れた?」とニッコリ笑うイケメン君。あぁぁ、もうお嫁さんにしてハート(爆)

車は来た道を戻り、地下鉄の駅へ・・・行くはずが、指さしたところが悪かったらしく、
その駅のすぐ近くにある寂れた施設へ。
違うよ~駅だよ~ってのん気に訂正しながらその施設を見ると、
「石景山」の文字。どっかで見たことある文字列だなぁ。
ムムムexclamation ×2これは1年くらい前、インチキディズニーやドラえもんなど、
パクリキャラクターの着ぐるみでニュースになった遊園地じゃん!!
わぁお!こんなところにあったんだ。全然人がいなくて不気味なカンジ。
休園日だったのかしら?潰れたのかしら?
フォト


そして車は無事に駅にとうちゃーく。イケメン君は「じゃぁね」とニッコリ。
ありがとう、本当にありがとう泣き顔


11時。地下鉄に乗り、胡同カフェのある辺りへ。
お散歩しながらピンexclamationと来たカフェに入ってみました。
フォト フォト


オレンジジュースを飲みながらキョロキョロしていると、
んまー何てステキな偶然ハート
フランスの巨匠ゴダール監督のポスターと、『勝手にしやがれ』の写真立てが。
中国でもこんな場所があるんだなぁ。
フォト フォト


12時。最後に地元の商店でぐるぐるねじりん棒を買って、タクシーでホテルに戻りました。
フォト フォト

たった4時間半の一人旅でしたが、いろんなことがありすぎたよあせあせ(飛び散る汗)
つかれたー。こわかったーたのしかったーぶじでよかったー。


空港へはオリンピックに合わせて開通した直通電車で。
16分で行けるんだよ。成田とは大違いだー。
カウンターでチェックインすると、「満席なのでビジネスクラスにアップグレード」だと。
自分で言うのも何だけど、アタシ本当にツイてるよなぁ・・・。
旅行で運を使い果たしちゃたんじゃないかしらんexclamation & question
機内では初のビジネスクラスを堪能しました。広くて快適だったー。食事がおいしかったー。
フォト フォト
フォト フォト



北京旅行記、おしまい。
友だちと旅する楽しさと、一人旅の楽しさの両方を味わえた贅沢な旅行でした。
ツアーでない旅にはアクシデントや危険もいっぱいだけど、
それ以上の感動や喜びを味わうことができるよね。

次はまいちき、アナタの住む国よ!そしてポーランドのアレに行きませうぴかぴか(新しい)
そしてYu-koりん。アナタのところにもきっと行くわ!待っていて手(パー)

2010北京旅行

0 Comments

Leave a comment