北京からニーハオ☆その3-2

9時。故宮(紫禁城)。
とにかく広い!でかい!ちっともカメラのフレームにおさまらない!!
1時間くらいでサッと見学するつもりが、意外と見所が多くてたっぷり2時間半指でOK
フォト フォト
フォト フォト


歴代皇帝が結婚式の夜に宿泊した部屋。しかも当時のまま保存されていて。
他のどの場所よりみなさん興味津々なご様子・・・ハート
フォト

高くてながーい塀。
フォト

狛犬と張り合うメグ子。
フォト



昼食。故宮の北門を抜け1kmほど歩いたたところにホテルがあるのですが、
その道中のお店でジャージャー麺を食べました。
フォト フォト


14時。一旦ホテルに戻り、少し休憩して再出発!
胡同の道路に面している家を、お洒落な雑貨やさんやカフェに改装しているエリアに。
京都で言う町屋カフェみたいなカンジ。
フォト フォト 

フォト フォト 

そのエリアの露店で食べた、臭い豆腐パートⅡ。
黒いほうはおととい食べたものの3倍の臭さ。激ウマハート
フォト

マンゴープリンの亀ゼリーのせ。こんなおいしいマンゴープリン初めてハート達(複数ハート)
フォト

新しいお洒落なショップと、地元の人が利用するお店が混在している、
地元の人々の生活も垣間見えるようなエリアでした。


18時。ホテルに戻り、しぃ子は上海に帰るため空港へ。
普段は遠く遠く離れて会えないしぃ子。
でもとっても私のことを理解してくれていて、困ったときにいつも助けてくれるしぃ子。
会えない時間を埋める恋人同士のように、寸暇を惜しんで北京の街を一緒に満喫したね。
楽しかったね~。ありがとう。まったね~飛行機



さて。1人になりました。中国は治安があまりよくない。が、まだ18時。
ホテルでじっとしているなんて、ありえぬ。夜の街へ行っちゃおうハート

観光ももちろん大好きだけど、「生活に入ってみる」のが旅の楽しみのひとつのワタクシ。
北京でもそれをするのはハードルが高いと思ってたけど、是非ともしてみたくて、
地元の人がお買い物をするお店(まさにジャスコってカンジの店)で買い物にチャレンジ!!
フォト

2Fの洋服売り場でスカーフを見ながら、若い女性の店員さんに声を掛けてみました。
お互い使う言語は違うけど、こらもいいんじゃない?こっちもかわいいね~。
そんなことを身振り手振りでおしゃべりしながら、とっても楽しくショッピング。
店員さんイチオシのスカーフ(25元)を購入しました。

日本のジャスコではそのショップでお会計をするか、商品をレジまで持って行くかだけれど。
ここでは、そのショップで3枚複写の伝票を書いてもらい、
それを持ってフロアに1ヶ所しかない「お金を払う窓口」に行きます。
そこでお金を払うと伝票の写しをもらえて、それを持ってまたショップへ。
複写伝票を渡すと、商品を受け取れるシステムになっていました。

地元の人にとってはあたりまえのシステムも、私にとってはとても新鮮で。
観光地だけでは知ることができない北京の日常を、
ほんのちょっぴりだけど、体験することができました。

なんだか嬉しくなっちゃって、店員さんと写真撮影。
店員さんの方から手をつないできてくれたよ。
姿が見えなくなるまで「サンキュー」と言いながら手を振ってくれた店員さん。
ちょっぴりさびしくて、でもとってもあったかい気持ちになりましたクローバー
フォト



ジャスコの近くにある湖。ネオンが湖面に映ってとってもキレイぴかぴか(新しい)
フォト


夕飯はマックにトライ。漢字なのでメニューも何となく分かったよ。
「照り焼きスパイシーチキンバーガー」だと思われるものを購入。
とっても辛かったけど、日本にはないお味を堪能いたしました。
フォト フォト


8時。タクシーに乗ってホテルへ。場所が分からないようなので、地図を見せて説明。
「分かった、分かった」と言いながら出発するも、直進するべきところで左折レーンに。
ムムゥ、この運転手、遠回りする気だな。
「ちょっと!そこ、まっすぐよ、ま・っ・す・ぐ!!(日本語)」
「☆#▲∴◎□★$(中国語)」
「違うってば!もうそこで曲がってぇ!!(日本語)」
「〇С★@*¥(中国語)」
あぁ、このお互い一歩も譲らない会話、本日2度目・・・がまん顔あせあせ(飛び散る汗)
だいぶぐるっと回られたけど、無事にホテルに到着しました。


北京は英語はほとんど通じないけど、いざ1人になっても何とかなるものね。
もちろんパリよりも怖い感じがして、ずっと緊張はしていたけれど。
明日も半日1人旅。残りの時間を満喫して、日本に帰ります飛行機

2010北京旅行

0 Comments

Leave a comment